緑内障 原因

緑内障の原因はなに?

緑内障は眼圧の上昇によって視神経が障害され、視野の一部分が欠けるなどの症状を伴う病気です。

 

 

40歳以上の20人に1人の確率で発症すると言われているほど身近な病気で、
緑内障のほとんどの場合が自覚症状を伴わないまま、徐々に進行していきます。

 

 

緑内障は中高年の方にとってはとても身近に感じる病気だと思いますが、
そもそも緑内障の原因としてはどのようなことが関係しているのでしょうか。

 

 

緑内障の原因としては、眼球内の圧力が高くなることが考えられていますが、
この眼圧が高くなってしまう理由としては以下のような原因が考えられます。

 

 

まず、もともとの眼の構造が影響して眼圧が高くなってしまう方がおられますし、
緑内障ではなく他の病気が引き金となって眼圧が高くなってしまう、薬の副作用として眼圧が高くなってしまう方がおられます。

 

 

しかし、眼の構造上の問題はみられなくても、房水の流れが悪くなってしまうことで眼圧が高くなってしまうケースもあります。

 

 

近年は、若者の緑内障患者が増加傾向にあり、眼圧が正常の範囲内にも関わらずに緑内障を発症してしまうケースも多いと言われています。

 

 

また、緑内障の危険因子としては以下のようなことが考えられています。

 

 

・眼圧が高い

 

 

・高齢

 

 

・血縁者の中に緑内障患者がいる

 

 

・強度の近視

 

 

・片頭痛持ちである

 

 

 

その他には、低体温の人や冷え症の人、低血圧の人の場合、血液循環が悪くなりがちで、血流の悪さから視神経にダメージを与えやすいとされていますので、該当される方の場合注意が必要です。

人間ドッグの検査でひかかり、緑内障の疑いがあるため詳しく眼科で検査を受けて下さいと告げられると、眼科でどのような検査が行われるのか気になると思います。

 

 

 

そこで、緑内障の疑いがある場合にはどのような検査を行うのか紹介していきたいと思います。

 

 

 

緑内障を診断するために、以下のような検査が行われます。

 

 

 

@眼圧検査

 

緑内障の急性タイプの場合、急激な眼圧の上昇がみられるため、眼圧の測定は欠かせない検査です。

 

そして、慢性タイプの場合でも、正常眼圧の場合もあれば眼圧が高い場合もあるため、眼圧を測定するための検査が行われます。

 

眼圧を測定する検査方法としては、目の表面に空気をあてることでも測ることは可能ですが、目の表面に機械を当て測るという方法もあります。

 

 

 

A眼底検査

 

緑内障の方の場合、網膜の神経に欠損がみられ、視神経乳頭のへこみもみられるため、瞳から光を通し、眼底の状態を詳しく検査する必要もあります。

 

 

 

B視野検査

 

緑内障の症状として、視野欠損があげられますが、この症状は初期の段階で自覚することは難しく、自覚症状を伴うようになってから検査を受けると症状が中程度までに進行していたというケースも多いのです。

 

ですが、視野検査を行うことで視野欠損の有無を調べることができますし、症状の進行具合を調べることが可能です。

 

 

 

C画像検査(OCT)

 

OCTを使うことで、眼の中の網膜の断面図を見ることができ、緑内障の早期発見にとても有効な検査だとされています。

 

 

 

また、その他には視力検査や細隙灯検査、隅角検査などが行われることもあります。

続きを読む≫ 2017/05/11 15:08:11

緑内障では、房水の流れが滞り、眼球内に房水の量が増加することで眼圧の上昇を招き、視神経を圧迫してしまい視野欠損などの症状を伴います。

 

 

 

『人間ドックの眼底検査でひかかり、その後眼科で詳しい検査を受けたところ緑内障だと診断を下された。まだ30代なのにこのまま症状が進行してしまい、将来失明してしまったらと思うと不安でなりません…。』

 

 

 

このようなケースは決して珍しいものではありません。

 

 

 

確かに緑内障といえば、40歳以上の20人に1人の割合で発症すると言われている病気なため、30代で発症するとは考えにくいかもしれませんが、30代で発症しないというわけではなく、10代でも20代でも緑内障を発症することはあります。

 

 

 

検査でひかかるまで、自分では全く気付かない方が多いのは、私たちは普段両目で物を見ているため、仮に片方の眼の一部分に視野欠損などの症状があっても、もう片方の眼でカバーするためです。

 

 

 

30代で緑内障だと診断名を下され、症状が中程度ぐらいまでに進行しており、50代ぐらいの見え方ですと主治医に告げられると、相当なショックを受けますし不安を抱くのも当然です。

 

 

 

しかし、緑内障の治療を行うことで症状の進行をくい止めることが可能ですから、定期的に眼科を受診し治療を続けていくことが大切です。

 

 

 

緑内障の原因として眼圧が高いことがあげられますが、長時間パソコンをする仕事についていたり、ストレス、近視、血圧なども眼圧に影響を与えたり、視神経を傷つけることも指摘されています。

続きを読む≫ 2017/05/11 15:02:11

まだ中学生なのに緑内障という診断名がつくと将来失明してしまうのではないかと不安になりますし、子供が緑内障だと診断を下されるとご家族はとても心配されると思います。

 

 

 

一般的に緑内障では初期症状を伴わないため、その症状に気付くことがないまま、定期的な検査を受けた時に緑内障の疑いがあると指摘されるケースが多いです。

 

 

 

 

緑内障といえば、40歳以上の中高年の方が発症しやすいとも言われている目の病気ですが、まだ10代の中学生で緑内障だと診断を下される場合もあります。

 

 

 

中学生で緑内障を発症するケースは珍しいのですが、他の治療のために処方されている薬の副作用で緑内障を発症することはあります。

 

 

 

 

その中でもステロイドには眼圧を上げるという副作用があります。

 

 

 

 

ステロイドは効果が高く、内科をはじめ耳鼻咽喉科などでも処方されることが多い薬ですが、このステロイド剤の副作用によって緑内障を発症することもあるのです。

 

 

 

 

 

そのため、ステロイド軟膏などを長期間に渡り使用し続けた結果、正常の眼圧よりも値が高くなってしまい、それが原因となって中学生であっても緑内障を発症するということは考えられます。

 

 

 

 

 

ステロイドには眼圧を上げるという副作用が存在するのも事実ですが、
ステロイドを使い続けても眼圧が上昇しない人もいますので、副作用の現れ方には個人差によるものが大きく、体質にもよります。

 

 

 

 

また、緑内障とまではいかないものの10代で眼圧が高いと診断を下されることもあります。

 

 

 

緑内障の危険因子の一つとして、眼圧が高いことがあげられますので、その場合は定期的に眼圧の検査を行い、視野欠損などの症状がみられないか調べる必要があります。

 

 

 

 

 

緑内障を発症し一度欠損してしまった視野を回復させることは不可能で、
緑内障を早期発見・予防するには定期的に診察を受けるほかないのです。

続きを読む≫ 2017/05/11 14:59:11

定期的な検査を受けた結果、緑内障だという診断を下された場合には治療が必要になってきますが、緑内障の治療にはどれぐらいの費用がかかるのかということが気になる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

そこで、緑内障の治療にかかる費用の相場を紹介していきたいと思いますので、参考程度とされて下さい。

 

 

 

まず、緑内障の治療では、点眼薬を使った治療、レーザー治療、手術が行われ、これらの治療を行うことで眼圧を下げることを目的とされています。

 

 

 

緑内障だと診断を下されると、まず点眼薬を使った治療が行われますが、
点眼薬を使うことで房水の産生を抑制したり、流出を促す作用があり、眼圧を下げることが可能です。

 

 

 

緑内障の点眼薬には様々な種類のものがありますが、相場としては2000円前後といったところでしょうか。

 

 

 

 

ただし、検査なども必要になってきますので、点眼薬と検査を含めた費用は4000円前後〜5000円前後みておく必要があります。

 

 

 

 

この点眼薬を使った治療では十分に効果が得られなかったり、副作用を伴い継続することが難しい場合には、レーザー治療や手術による治療が検討されます。

 

 

 

レーザー治療で3割負担の場合は、片目だけで約3〜4万円というところが多いようです。

 

 

 

 

 

また、緑内障の手術に関しては健康保険が適応されますので、治療費の負担は少ないですが、線維柱帯切除術や線維柱帯切開術ともに片目だけで約5〜6万円程度とやや高額です。
2012年から保険が適応されたインプラント手術は10万円前後が相場になっているようです。

 

 

 

 

 

ただし、入院される場合には入院費用も必要になってきますので、この相場よりも高くなるとお考え下さい。

 

 

 

 

 

※上記に紹介した治療費は病院によっても異なるため、あくまで目安程度とされて下さい。

続きを読む≫ 2017/05/11 14:53:11